title

『オタク』世界進出?!~ヨーロッパ編~

リア女リア女
ここへん

こんにちは!

前編では‘世界進出’している日本語『オタク』を使っている

アジアの国を調べてみました♪

今回は世界で一番ヘンな街の言葉が広まっているヨーロッパの国を調べてみました。

目次[閉じる]

1.フランス

オタクが多いフランス?!

オタク層が多フランス。

各種コスプレイベントなども活発に行われているみたいですね~

会話

なんか行ってみたいですね🤣




オタクはOtaku?!

オタクさんたちもたくさんいるので『オタク』はOtakuそのままでした!

Otaku

会話

ココへん
オタクさんじゃない人にも通用する単語に定着しているみたいです。

すごい~!




2.ロシア

コスプレイヤーさんが多い!

ロシアは素敵なコスプレイヤーさんが多い国です♪

会話

あっ、秋葉原にもきてた~!

『オタク』はオタッキ?!

ということで、ロシアでも『オタク』からの単語を使用しています!

Отаку

アルファベットの「Y」に見える文字の発音が「u」の発音になるので

発音は『オタク』になる様です!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


3.『オタク』未使用国

今回は『オタク』未使用国についても調べてみました!

どんな単語を使っているか一緒に見てみましょう🤟

ドイツ

『オタク』は「Freak」を主に使用していて、

『〇〇オタク』と使かいたいときには『○○Freak』と使用している様です。

Verrückter
Freak

Autofreak(車オタ)

Nutella-Freak(ヌテラオタ)

Kaffe-Freak(コーヒーオタ)

Audi-Freak(アウディオタ)

Eisenbahnfreak(鉄オタ)

などなど




イタリア

イタリアでは主に『Nerd』を使用しています。

Nerd




まとめ

『オタク』未使用国でもオタクさん達には通用されている日本語、『オタク』。

そういう意味ではオタク層の厚い国ほど浸透している様に見えます。

それにしても
飛行機で10時間以上も離れている国で通用されているのはビックリしました。

会話

次回は最終編 ~北米・南米編~をお楽しみにしてください♪

会話キャラクター

海外旅行大好き女子。最近は海外に行けないのでSNSばかり… 外国語にも興味があって歌とダンスが好き!最近はKpopにはまっている♪

中の人:あきじゃぱ編集部

このキャラの記事を読む



▼関連記事


▼おすすめ記事